簡単に言うと酵素とは何?どんな効果があるの?

最近、「酵素」って言う言葉をよく聞きますよね。サプリメント青汁にも酵素が必ずと言っていいほど入っています。

 

英語で言うと「エンザイム」。よく「コエンザイム」って言う言葉も耳にしますよね。この酵素の働きを助けるものが「コエンザイム」なんです。

 

さて実際には、酵素(エンザイム)にはどんな効果効能があるのでしょうか?

 

スポンサーリンク

酵素とは何?

 

 

酵素とは
酵素とは、生命の維持や活動に不可欠な触媒機能を持った蛋白質の一種です。生物の中で起こる化学反応は、そのほとんどが酵素の触媒作用によるものであり、酵素が生体触媒と呼ばれる所以です。現在その働きが知られている酵素の種類は約4,000種類あります。

引用元:AMANO

 

つまり酵素自身は変化はしないけど、特定の物質の化学反応をすばやく正確に起こす働きをするって言うことです。

 

酵素の特徴。

 

1.酵素のほとんどは、タンパク質で出来ていて、37度前後で最も活性が高まるそうです。

 

以前、「体温を上げると健康になる」と言うような本が販売されてましたよね。それもこの酵素のことが関係しているのでしょう。

 

2.酵素は種類によって活発に働く㏗が違うそうです。

 

pHとは、水溶液の性質(酸性・アルカリ性の程度)をあらわす単位です。ph7だとちょうど中性になります。

 

3.酵素は特定の相手としか触媒として働きません。

 

体内で酵素はどんな活動をするの?

 

 

<体内での酵素の働き>・消化

・呼吸

・体温の維持

・エネルギーの生成

・組織の修復

・有害な毒素の排泄 など。

 

人が生きていくうえで大切な働きにかかわっています。だから、酵素は必要なんですね。

 

新谷酵素

たとえばどんな酵素があるの?

 

例えば、健康診断肝機能検査の所に出てくる、「AST」「ALT」「γーGT」は酵素の名前です。

 

この数値が高くなると言うことは、体に何らかの不具合が生じて酵素が流れ出してきているからです。

 

 

1)体の中で働く酵素

<目>涙に含まれる殺菌酵素「リンソーム」

<血液>傷口を塞ぐ「トロンビン」

<肝臓>アルコールをアセトアルデヒドに分解する「アルコール分解酵素」

<口>炭水化物を分解する「唾液アミラーゼ」

<すい臓>でんぷんをブドウ糖にする「アミラーゼ」

脂肪を脂肪酸に分解する「リパーゼ」

・・・・・・・・・・・・・

昔、理科で習った記憶がありますよね。

 

2)酵素の種類

 

消化酵素

吸収した食品を消化しやすくする酵素です。

 

代謝酵素

運動や呼吸、脳の思考、老廃物の排出、肌の新陳代謝、ウィルス撃退の働きにかえる酵素です。

 

食物酵素

食品から摂取する酵素です。消化を助け体内酵素の消化酵素の節約に役立ちます。だから、ダイエットには酵素がいいって言われますよね。

 

腸内細菌酵素

加齢とともに出てくる運動不足や日常生活のストレス、体系の変化等の老化の原因を抑えてくれるのが”腸内細菌酵素”です。

最近のサプリやヨーグルトにはいろんな酵素が含まれています。

 

 

酵素の効果・効能って何があるの?

 

<酵素の効果効能>

・美容に効果的

・血液サラサラ効果

・免疫力アップ効果

・口臭や体臭を改善

・ダイエット効果

 

もう、全て「こうありたい」と思っていることばかりですよね。さくらは「新谷酵素」っていう酵素を飲んでいます.

 

 

飲んだその日から、体がスッキリした実感がありました。今まで、これほどサプリの効果を早く感じたことはなかったのでびっくりしました。それ以来、ズーっと飲み続けています。

 

体にいいと言ってもコスパ的なことを考えると、全てを飲むことは出来ません。効果を実感できたものの中から、自分にはこれだって思うものを厳選して、長く続けて行きたいですね。