「筋トレ」の効果がある年齢はいつまで?

ある年齢を過ぎてからというものの、若い時に比べて何をやっても痩せなくなって来ていませんか?

 

今流行の「糖質ダイエット」で、主食我慢したこともありましたが、思ったような効果は得られませんでした。

 

返ってストレスが溜まって、時々甘いものに走ったりして返って太ったりしたくらいです。

 

時々走ったりとか有酸素運動はしているので、基礎代謝量を上げるために筋肉をつけようかと思います。

 

筋トレって、どれくらいの年齢まで効果があるのでしょうね?

 

スポンサーリンク

 

 

筋トレって何歳まで効果があるの?

 

運動能力は20歳前にピークを迎え、30歳を前後に筋肉量は減り始めるそうです。

 

年を取ることによって体力や身体機能は少しずつ衰えていきますよね。でも、筋肉はいくつになってもトレーニング次第で成長するらしいです。

 

実際、60代や70代の人でもトレーニングによって筋肉量が増えたという事例はたくさんあるそうです。それを聞くと、何か希望が出てきます。

 

筋トレを始める前に確認するべきポイント

 

だからと行って、若い時とは違うので、勢いに任せて筋トレするわけには行きません。やはり万全の体制を整えてからやることが大切ですよね。

 

 

<筋トレを始める前に確認すべきポイント>

ヒジに痛みがないか。

骨粗鬆症など骨に問題を抱えていないか。

病気けがの後遺症などで、体の不調がないかどうか。

 

筋肉は年齢に関係なく成長できるそうですが、骨や関節は年齢とともに衰えて行ってます。

 

せっかくの筋トレが体を壊すことになっては、元も子もないですから、慎重にならなくてはいけませんよね。

 

もし心配事があるのなら、筋トレを始める前に主治医の先生に相談してみて下さい。

 

スポンサーリンク

 

どんな筋トレをすればいいの?

 

今は、筋トレの本もたくさん本屋さんで売られています。ありすぎてどれにしたらいいのか迷うほどです。

 

さらにyoutubeなどに筋トレの無料動画もたくさん上がっているので、参考になりますよね。

 

またジムには、筋トレの内容がシートになっているのが置いてあったりするので、それを見ながら筋トレをすることも出来ます。

 

 

時間に余裕があれば、自分でいろいろと調べてメニューを決めればいいですし、そう言うことが面倒な人は、まずは決められたメニューをやってみるといいですよね。

 

さくらは、面倒くさがりなので、とりあえずメニューが出来ているシートを利用してやって行きたいと思います。

 

筋トレ効果を最大限に高める理想の頻度とは?

 

超回復」って言う言葉を聞いたことがありませんか?

 

「筋トレ」は、筋肉に刺激を与えて筋肉をわざと壊して、それを回復させる力を利用して強くしていきます。それシステムを「超回復」って言います。

 

筋トレの効果を最大限に高めるためには、そのその超回復を活かす事が大切で、週2日くらいが一番いいそうです。

 

 

「超回復」が関係なくても、それくらいの方が、長続き出来そうですよね。

 

筋トレをするうえで、もう1つ大切なこと。

 

 

筋トレをするときには、もう一つ大切なことがあるそうです。それは、種目と種目の間の時間、「インターバル」です。

 

筋トレは、筋肉を限界まで疲労させて、超回復に持って行きます。なので筋トレの最大のポイントは、、次のトレーニングができるくらいは回復させつつ、完全には回復させないことです。

 

そのための理想のインターバルが、「60秒」だそうです。

 

あとは、その約束を守ってひたすら地道に筋トレをしていくだけです。結構、地味な作業ですよね。

 

 

見た目でも変化が分かるようになるには、2か月くらいかかるので、3日坊主にならないように気をつけなくっちゃ。

 

さくらは、週2回はチョットきついかもしれませんが、週1回くらいは頑張ってジムに通いたいと思ってます。

 

「2か月後にはナイスバディ?」

 

それを夢見て頑張ります。