花王から新しい白髪染め「リライズ」が、5月14日発売!

今日、薬局に行ったらレジの所にチラシが置いてあったのです。「何かな!?」って思ってみたら、花王から新しい「次世代型白髪ケア Rerise(リライズ)」が、5月14日に発売されると言うのです。

 

今までもトリートメントタイプのものに挑戦したことはありましたが、効果は今一つでした。

 

ただ、今回は「花王」というブランドから発売されているので、一度ぐらい試しもいいかもって思ってます。

 

今日は、「次世代型白髪ケア Rerise(リライズ)」について調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

「次世代型白髪ケア Rerise(リライズ)」とは?

 

このリライズとは、100%天然由来の着色成分「黒髪メラニンのもと」 だけで白髪を染めるそうです。

 

白髪にはメラニンがないという事実に着目して作られたものす。使うたびに徐々に白髪に自然な黒さを補うことで、染めても染めてものびてくる白髪の悩み解消してくれるそうです。

 

そうなんですよね。キレイに染まったと思っても、髪が伸びてくるとまた白髪が増えてくるのです。もうイタチごっこをしているような感じですよね。

 

 

使い方は、白髪が好みの色になるまでは3日間(1日1回、1週間以内を目安に)使用して、その後は根元を中心に週1回程度のメンテナンスでケアができるそうです。

 

それもシャンプー後、髪に塗って5分放置してすすぐだけという手軽さです。これなら続けれそうですよね。

 

白髪に黒髪色を取り戻す「リ・ブラック」と、白髪を自然なグレーに整える「グレーアレンジ」の2タイプがあるそうです。

 

さくらは、黒色に染めたいから、「リ・ブラック」ですね。

 

スポンサーリンク

 

でも髪って傷まないの?

 

白髪染めをしていて気になることは、へのダメージです。トリートメントをしても何となく、ぱさぱさ感が取れない気がするんですよね。

 

 

でもこの「リライズ」は、繰り返し使っても髪を傷めないどころか、髪にハリコシを与えてくれるらしいです。白髪染めが出来て、髪も潤うとなると一石二鳥ですよね。

 

更に、押すだけで簡単に使えるサーバータイプの容器なので、使い勝手もよさそうです。プッシュ部を軽く押すだけで、中身のクリームを出せて、押し続けている間、クリームが出続けるようになってるそうです。

 

でも、「リライズ」って高いんじゃあないの?

 

 

1回の使用量は、ショートヘアでピンポン玉約3-4個分だそうです。内容量は155gでショートヘア約4回分。付け替え用は、190gで同じ値段です。

 

そして気になるお値段は、2700円(税別)です。コレを安いと思うか高いと思うかは、人それぞれですよね。

 

「使用するときは手袋を使って、すすいだあとは汚れてもいいタオルで拭き取って下さい。」って書いてあるので、この手間は必要です。

 

コスパと家に手軽にできるって言うのを合わせると、試してみる価値はありそうです。

 

 

今は、3か月に1回、白髪染め専門店に染めに行ってます。まあ、途中、白髪が目立ってきてストレスを感じる時間はあります。

 

コスパは、トリートメントを入れて4320円なので、1月あたりに換算すると「1430円」になります。

 

白髪専門店で染めるのか、この新しく出た「次世代型白髪ケア Rerise(リライズ)」を使うのか迷いますよね。

 

あとは、実際にリライズを使ってみた満足度とコスパとの兼ね合いで決めることにします。発売が待ち遠しいです。